2/28(土)セーフティネット貸付実現「広島集会」のご案内

各位

セーフティネット貸付実現「広島集会」のご案内


セーフティネット貸付実現全国会議
代表幹事 宇佐見大司
同弁護士 新里宏二

冠省

 2007年に政府の多重債務対策本部が策定した「多重債務問題改善プログラム」
において、セーフティネット貸付の整備が掲げられており、その担い手として社会福
祉協議会、労金、信金、信組、生協、政府系金融機関等が予定されております。すで
に取り組みが一部で始まっておりますが、既存の公的融資制度が活用されていないこ
ともあって、取り組みは未だ緒についたばかりという状況です。2009年末には改
正貸金業法が完全施行される予定ですが、その時期までには、すべての多重債務者等
を対象とするセーフティネット貸付を実現することが求められています。

 加えて、現下の金融危機に端を発した企業の解雇による離職者支援および中小事業者支
援においてセーフティネットが喫緊の課題となっていますが、その中でセーフティネット
貸付がにわかに注目されています。

 昨年7月6日には、弁護士、司法書士、学者、市民が参加して「セーフティネット
貸付全国実現会議」を創立し、同日の東京でのシンポジウムを始まりとして、今回ま
でに、神戸市( 近畿ブロック)、北九州市( 九州ブロック)、秋田市(東北ブロック)、
名古屋市(中京・東海ブロック)の各地において集会・シンポジウムを開催しました。
その際には、各地域の多くの関係者、関係団体にお集まりいただき、各地における具
体的なセーフティネット貸付の担い手、あるいは、ネットワークをつくる機会として
参りました。

 今回は、広島弁護士会、広島司法書士会のご後援をいただき、下記の日程で、広島市に
て、中国・四国ブロックの集会およびシンポジウムを開催いたしますので、ご案内申し
上げます。

 中国・四国地区の自治体、社会福祉協議会、生協、金融機関等、セーフティネット
貸付にかかわりうる方々にお集まりいただき、今後の地域におけるセーフティネット
貸付実現に向けた取り組みの端緒としたいと思います。また、今回は、生活福祉資金
貸付制度を中心に意見交換を行い、制度の活用に向けた意義のある機会としたいと思
います。

■日時:本年2月28日(土)午後1時30分から午後5時

■場所:広島市社会福祉センター2階大ホール

(広島市中区千田町1-9-43)TEL 082-243-0051

http://www.a-net.shimin.city.hiroshima.jp/www/contents/1019816068428/index.html

http://www.a-net.shimin.city.hiroshima.jp/www/contents/1019816068428/simple/080318151507_2.gif

■シンポジウム後援:広島弁護士会広島司法書士会

「セーフティネット貸付実現に向けて-生活福祉資金、果たしてセーフティネット貸付となりうるか」

■第1部:生活福祉資金貸付制度の解説

・千田透さん( 厚生労働省地域福祉課課長補佐)

■第2部:パネルディスカッション
パネリスト
・千田透さん
・佐藤順子さん( 佛教大学福祉教育開発センター講師)
・村上晃さん( 弁護士・セーフティネット貸付実現全国会議事務局長)

■第3部:その他
・就職安定資金融資制度等の報告労働金庫関係者を予定

■参加費および資料代として500円

※ ご参加をいただける方は、本書面にご記入のうえ、下記事務局宛にFAX をいただき
ますようお願い申し上げます(なお、当日参加も可能です。)。

お名前

所属

ご連絡先

【問い合わせ先】セーフティネット貸付実現全国会議
  事務局長 弁護士 村上晃
    〒380-0846
     長野市旭町1098 番地長野県教育会館4 階 長野中央法律事務所
       TEL026-235-1321
       FAX026-235-5561
[PR]

by han-hinkon-h | 2009-02-09 15:18  

<< 2/17(火)「派遣切り」と雇... 2/7(土)反貧困ネットワーク... >>