<   2011年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

反貧困ネットワーク広島を応援してください

シェルター(緊急簡易宿泊所)を維持するためにご寄付をお願いします

生活保護など、人間として最低限の生活を保障するセーフティネットは国や行政の責任です。
しかし、さまざまな事情から、セーフティネットからこぼれる場合があります。

「とうとうお金がなくなった。今夜から寝るところがない。」
「仕事がなくなって、寮からも出された。次の仕事を見つけるまで泊まらせてもらえないか。」
「夫が暴力を! 着の身着のまま逃げてきた。」
・・・

 そのような人たちが、人間として最低限の生活ができるように、人間としての尊厳を失わなくてすむように、私たち「反貧困ネットワーク広島」はシェルターを運営しています。2010年9月現在、6室を運営していますが、常に満室状態です。しかし、資金的には大変苦しく、「もし運営できなくなったら・・・」という心配がつきません。シェルターを維持するために、ご寄付をお願いするしだいです。

 このほか、「反貧困ネットワーク広島」は、弁護士・司法書士・社会福祉士・医療ソーシャルワーカー・社会保険労務士などの専門家・その他多くのボランティアの協力のもと、生活・労働・借金・住まいなどに関する相談会の開催、生活保護申請等への同行、その他の支援活動をおこなっています。

◆ご寄付の送金について別紙の振込用紙(払込取扱票)をご使用ください。振込用紙が付いていない場合は、次のいずれかへ振込みをお願いいたします。   

・郵便局から :振替口座 01390-1-98338 加入者 反貧困ネットワーク広島  
・銀行(ATM)から :広島銀行 白島支店 普通 3235401 反貧困ネットワーク広島

◆ご寄付の金額について  
1口1000円でお願いしています。何口でも結構です。

・シェルターの運営には、6室それぞれに家賃や光熱費が継続してかかります。
・タオル(大・小)、石鹸、洗剤、歯ブラシ、靴下などの消耗品など品物のご提供も大歓迎です(下記へ送付ください)。
・お金でも品物でも、できる範囲のご負担で皆さんに支えていただきますようお願いいたします。
・失業した人が再就職できるまでの期間は長期化しており、シェルターのニーズはますます高くなっています。

【問合せ、品物の送付先、入会申込は】
 反貧困ネットワーク広島事務局 
  広島市中区東白島14-15NTTクレド白島ビル7階
     広島総合法律事務所内
      電話:082-227-8181  FAX:082-227-1200

[PR]

by han-hinkon-h | 2011-01-19 16:41  

1/29(土)昼食&相談会

広島で野宿生活をされているみなさん、お越しください。

【日 時】 2011年1月29日(土)12時~15時

【場 所】 広島市社会福祉センター6階

         広島市中区千田町1-9-43
          市役所からまっすぐ南へ歩いて下さい。
          消防署の向かいです。

【内 容】
★食事会(“春よ来い“でおなじみの、カレーと豚汁)ほか 
☆健康相談(かんたんな健康診断ができます)
★足湯(あったかいお湯に足をつけて、くつろいでください)
☆喫茶&なんでも相談
※各コーナーを全部まわると、素敵なおみやげがあります!

【持ってくる物】「相談手帳」をお持ちの方は、もってきてください。

【問合せ先】
 社団法人広島県社会福祉士会  電話082-254-3019 

【共 催】
(社団)広島県社会福祉士会
 野宿労働者の人権を守る広島夜回りの会
(社団)広島県介護福祉士会、県看護協会広島西支部
 広島大学大学院保健学研究科成人看護開発学教室
 済生会広島病院、済生会呉病院、
 反貧困ネットワーク広島、ボランティアの皆様、

【協 力】
 広島県医療ソーシャルワーカー協会
 広島県精神保健福祉士協会、広島市

【予 告】
次回予定は、平成23年3月26日(土)です。
今後、奇数月の最終土曜日に開催予定です。

[PR]

by han-hinkon-h | 2011-01-19 01:44  

反貧困ネットワーク広島第3回総会&設立2周年記念講演会

■ところ:広島平和記念資料館地下メモリアルホール
      〒730-0811 広島市中区中島町1番2号
       TEL(082)241-4004 FAX(082)542-7941
       E-mail:hpcf@pcf.city.hiroshima.jp

■と き:2月13日(日曜日)14:00~16:30
 第一部 定期総会(13:30~14:30)
 第二部 設立2周年記念講演会(14:40~16:30)

■設立2周年記念講演会

・講 師:湯浅 誠

・テーマ: 全国の反貧困ネットワーク活動の取り組み成果と今後の課題


いま、生活保護、年金、児童扶養手当など社会保障が切り下げられていっています。
日本は本当にこのまま突き進んでいっていいのでしょうか?
国民の生活と暮らしを保障できない政府でいいのでしょうか?
私たちは広がる〈貧困〉にもうガマンできません。
〈貧困〉の問題は「見えない」ことが特徴です。
それを目に見える形にすること、無視できないものであることをみなさんに知っていただくこと。
私たちはそのために活動しています。
あなたも貧困問題について考えてみませんか?
  (反貧困ネットワークのホームページより)

■講師プロフィール
 反貧困ネットワーク事務局長、内閣府参与
 著書:『あなたにもできる 本当に困った人のための生活保護申請マニュアル』(同文舘出版)
    『反貧困 -「すべり台社会」からの脱出』(岩波新書) ほか

※手話通訳がつきます

反貧困ネットワーク広島
事務局 広島市中区東白島14-15NTTクレド白島ビル7階
      広島総合法律事務所内
       電話:082-227-8181
[PR]

by han-hinkon-h | 2011-01-18 00:20